Cart 0 items: $0.00

Close

Qty Item Description Price Total
  SubTotal $0.00

View Cart

 

9月某日の我が家の夕食風景。
Chasseurのシャルドネ、Russian River Valley, 2007ヴィンテージをオープン。
ワイン・スペクテーター誌で91点を獲得したこのワインが、数年の熟成を経て、さてどんな味になっているか・・・いただきます。

Chasseur, Chardonnay, Russian River Valley, 2007
パイナップルや熟した桃、ネクタリンのジューシーな味わいに、カラメルの風味。
エイジングによる円熟感もしっかりと感じられる、リッチな味わい。
Chasseurはもっと柑橘系のイメージがあったのですが、2007年というヴィンテージと、数年の熟成の結果でしょうか、トロピカルな果実味を感じました。

                                    
リッチなフルボディの味わいに合わせてみたお料理は・・・
 *アボカドサラダ ~わさび+マヨネーズ+醤油のソース~
 *ホタテのバター焼き
 *エビのクリームパスタ

新鮮なホタテは臭みがなく、バターのまったりした味付けが円熟したシャルドネの味わいと織り合ってホッ。
エビのクリームパスタとの相性が一番良かったかな。

ワインも時間とともにさらに美味しく開いて、ワインだけでも味わい深く、食後もちびちびと飲んでいたら、空になっちゃいました。いつも通りですが。(笑)


Chasseurのシャルドネ2007ヴィンテージはすべて完売してしまっていますが、ニューヴィンテージの2010年の単一畑のシャルドネが何種類か入荷しています。今飲んでも生き生きとした味わいを楽しめますし、熟成させても今回のように楽しめると思います。 by Yukari